人妻官能小説 家庭内盗撮の妄想

官能小説

 

リアルさの臨界点

― SM小説と陵辱小説の違い ―



 今回の内容は、ある方々にとっては、やや生意気に感じられるかも知れません。私は自分と考えの違う方々、事情の違う人たちまで、「同じ考え方になるべきだ」とは思いません。私は、私の感じるところ、決めた方針について語っているに過ぎません。




 私は今のところ、お金を稼ぐためにアダルトサイトを運営しているわけではありません。もっとも、いつ失業して路頭に迷い、このサイトが広告だらけになるかわかりませんが、少なくとも今のところ、ここは『趣味』であり『実験』です。だから、スポンサーに対する責任というものはなく、好きなことができる立場です。

 これを書くと、ある方々にとっては甚だ興ざめでしょうが、このサイトの内容は妄想です。私は確かに男性ですが、実は二十歳代後半で独身、雑文を書きながら小説家を目指している・・・かも知れません。あるいは、コンピュータ&エロ小説マニアの少年で、盗撮サイトからダウンロードした画像を元に妄想を組み立てた・・・可能性もあります。

 もちろん、物語の「私」そのままに、四十歳代で既婚の電車通勤をしている男である可能性も、また否定できません。登場人物にリアリティを与えるために、モデルは実在するかも知れませんが、それは私自身かも知れないし、知り合いの誰かかも知れないし、ネットで見かけた他人のプロフィールかも知れないわけです。

 「美子」というのは、義姉の名前かも知れません。あるいは、小学校時代の音楽の先生の名前か、好きな小説のヒロインか。それとも、本当に妻なのか、はたまた不倫相手なのか。モダンダンスの教師だったのではなく、趣味がチアリーディングなのかも知れず、中学の頃までクラシックバレエをしていただけかも知れない。

 このサイトは、ありがたい事にリピーターになっていただける率が割に高いのですが、最初の頃の人物・状況設定と、現在のそれが微妙に違うことに、既にお気づきの方がいるかも知れません。ストーリーの進展に合わせて、前半部分の矛盾を生む記述を書き直しているわけです。多分にご都合主義な書き手で、すみません。(^^;;

 


 さて、興ざめを承知でこんな事を書いたのには、理由があります。最初、私は物語に現実感を与えるために「私」の細かい行動を描き込んでみたのですが、それは何かとまずいだろうと思い直したからです。

 特に盗撮手段の詳細な記述は、それが想像の産物であるにも関わらず、他人をその気にさせてしまい、結果として犯罪に結びついてしまうかも知れない。犯罪はともかくとして、それが元で離婚したりとか。しかし、私にその意図は全くありません。サイト内の至る所に但し書きしているように、これはフィクションであり、盗撮は犯罪です。

 で、その架空の手口の詳細な説明を、本文から削除することに決め、該当部分を書き直しました。その分、緊迫感がなくなるのは作者としても大変残念なのですが、仕方ありません。読者数もそんなに多くないくせに、社会的影響を考えるのは生意気かも知れませんが、こちらも罪に問われたくはないですから。

 私が検索してみた限りでは、盗撮をメインに据えたオンライン小説はなかったので、面白いかなというのもありました。また、最初から「私の恥部を晒して」と見せる気マンマンな女性よりは、貞淑で気丈な女性が羞恥にもだえながら晒し者にされる方が、格段に萌えますよねぇ。

 あ、もちろん現実にネットで、美しい裸体や恥ずかしい姿を見せてくださる女性の方々には、心から感謝しています、マジで。そういう尊い行いを否定する趣旨の発言ではありませんから、念のため。大胆で奔放な女性も、私は大好きです。




 閑話休題、私に「愛する者の恥ずかしい姿を、見知らぬ人たちに見て欲しい」という『嗜好』があることだけは確かです。当然ながら実行には移していませんが、この衝動がなければ、サイトを作ってまで拙文を読んでいただこうなどとは考えなかったでしょう。

 作ってみて思うのは、投稿サイトに文章を書く立場と、自分がサイトを運営する立場の違いです。どうしても、保守的になりますね。モロ画像を載せなければ、法律に触れないというものでもないですし。この辺りは勉強中ですが。

 また、SM、不倫、近親相姦、同性愛などと比べて、痴漢、レイプ、盗撮モノは、気を遣う部分が多いということも感じました。ここでは前者をSM小説系、後者を陵辱小説系と呼ぶことにします。

 SM小説系と陵辱小説系の大きな違いは、後者の表現対象が犯罪だという点です。つまり、教唆とまではいかなくとも、幇助の危険は常にある。だからこそ、「絶対に真似をしないでください」という注意書きを、くどい位に入れるわけですが。

 メールフォームから感想をいただけるのは本当にありがたく、励みになります。でも、「盗撮のやり方を教えてください」的な質問には、残念ながらお答えしかねます。私にもわかりませんから。BBSの設置をためらっているのも、実はその辺りが原因なんですよね。

 というわけで、自分にそういう趣味・性癖があるのを認めた上で、その実現を「妄想」として楽しむしかないというのが、私の結論です。当然、異論はあると思います。
 ただ、私なりにいろいろと考えて、自分のサイトについてはそう決めました。落胆なさった方もいるかと思いますが、よろしくお願いします。

 


 いずれにせよ、同好の士が、その反社会的な欲求を発散・昇華できる場になるといいなぁというのが、道化師の切なる思いです。SM小説を真似るのは、相手の合意があれば許されるでしょうが、陵辱小説を現実化してはシャレになりません。この点を何卒ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。





ご感想: 

よろしければ、こちらでもひとこと →→ 掲示板 または 道化師にメールする(メールフォーム)