人妻官能小説 家庭内盗撮の妄想

官能小説

 

口唇(くちびる)

― 異性を「覗き見」してしまう瞬間U ―



あなたの くちびるに キスしたい


雨の朝の横断歩道 信号待ち
傘で目もとが隠れた あなた 綺麗で
深紅のルージュだけが くっきりと


あなたの 匂いが かぎたい


吸い寄せられた 視線は
胸へ 尻へ 足首へと 跳んでは
戻ってゆく 濡れたような くちびるに


あなたの 乳房を はだけたい


見知らぬ 美しいひと 頬紅は淡く
青になるまでの 僅かな時間
股間の漆黒まで 視姦する 男の眼


2004/06/25





口唇(くちびる)のH度:

達した 感じた 面白い

性別:

男性  女性

ひとこと(省略可):

 

よろしければ、こちらでも感想を →→ 掲示板 または 道化師にメールする(メールフォーム)