官能小説 家庭内盗撮の妄想

官能小説

 

淫ら妻・美子の素顔

― 官能小説「夫婦の寝室」の現実と妄想 ―



名前 : 美子 (愛称:ミーコ)

年齢 : 39歳 (2003年現在)

身長 : 160cmくらい

体重 : ??kg 

現在のB/W/H : 83のCカップ、63、94

職業 : 現在は、主婦&パート。以前は、OL&モダンダンスのインストラクター

血液型 : Rh+

趣味 : ガーデニング、寺社巡り、ダンス・絵・映画を観る

出産経験 : あり

日常 : よき妻として家計を切り回し、よき母として子どもの世話をし、よき職業婦人として労働にいそしむ。どこにでもいそうな、普通の既婚女性。気丈で貞淑な性格ゆえか、夫とのセックスを自分から求めることは稀ですが、いったん官能に火がつくと、牝のような喘ぎ声をあげ、性の快楽を求めて激しく腰を振る淫ら妻です。

過去 : 短大卒業後に親元から離れて、某地方都市にある「ダンシング・ミューズ」に入団。その後、実家に戻り、別のダンサーのグループ(柏木舞踏研究所)に入ったと聞いています。そこの公演を観に行った私が見初めて交際を申し込み、後に結婚して現在に至ります。あの時、ステージの妻は、本当にピカピカに光っていました。


官能小説のヒロイン 美子

美子のイラストをクリックすると、官能小説「夫婦の寝室」の第一話に移動します。